一日か一生で二回だけ

☆イミテーションゲーム


エニグマ暗号解読に携わった
レッチェリーパーク8号舎の
メンバーと1番の功労者である
アランチューリングを描いた映画で
彼を演じるべネカンの痛烈な台詞
「狂った時計も1日2回は正しい
 時を示す」

安倍総理も6年間の在任中に2回だけ
良い事をする、そしての最初の事例が
ハンセン病患者の家族風評被害について
政府として謝罪し賠償をすることを決定
(もう1つは首相か議員をを辞める事だが
不慮の事故かもしれないし暗殺かもしれないし
辞職後の老衰か肺炎かもしれないので、
具体的にどちらかは不明だが何れにしろ
中曽根康弘みたいに終身議員だの
老害の弊害を考慮しないボケ老人的な
無様な終末はないと思う)

この決定後に患者の遺族や家族が
首相と面会を希望した時にもネトウヨ
大いに吠えて否定した、全責任を負う事必要はない
首相は直接判断をしたり
当事者ではない・・・・・・・

何時もの意味不明の擁護にならない擁護をして
恥をかく自由もあるが、誰も安倍首相個人の
責任を問う訳ではない、行政府の長として
たまたまその時その地位にいるだけだが
それでも行政の最高責任者として示しを
つける為には誰かが謝罪をする必要が有り
やはり<国民の代表>なんだから首相が
形だけでも謝罪する必要がある。
(そして実際にカメラが有るから
おしとやかにしてるだけで内心は
何で俺がと思ってる可能性が高い)

手柄は自分に責任は部下に・・・
1番嫌われるタイプの上司でそれが
安倍首相と言ってるのと同じです
ネトウヨが希望する安倍首相像は。

本当は責任の所在を明確にして
信賞必罰が正しい運営だが、
責任は自分手柄は部下も間違えではない。



PS
面会後はまさかの「教祖様凄い」で
礼讃一色になり何時もの記憶喪失してる
ネトウヨさんにお聞きしたい、
初めに面会を求めた家族達は悪い
その必要は無いとコメントした、
次に面会後は教祖様素晴しい
教祖様に不可能は無い、教祖様LOVE
教祖様についていきます・・・・
ネットで礼讃するだけで寄付はしません
どっちが本心なのか?
そして片方は本心ではないのだから
撤回でもするのか?