いつも通り支離滅裂な流れ 安倍ウィルス

 

ゴーン疑者の国外逃亡事件と
同様でけっこう報道内容にウソが多い。
(自宅を出るときからケースに入っていたとか
報酬100億円とか)

ヤフーではアメリカ政府は対応は
日本政府に一任すると掲載していたのに
WSJは救出のために航空機を飛ばすとしたし、
3月には収束すると能天気な専門家の
意見を現代メディアの転載で掲載していた。


ところが2月3週になると凄まじい批判が
噴出しだした(海外メディアから)
実際に感染爆発してるし、メディア対応が
悪いと言われてるのに聞かれても答えない。

国内メディアが甘い対応したので
海外メディアにも同じ手が通用すると
舐めていた、中国で発生した時点で
日本が本当に危機管理上で強権を発動させ
<入ってこない対策>ではななく
<入った後の対策>を検討できなかった無能さ
防げるわけないのだから

和歌山県の済世会病院での院内感染も
知事は頑固に否定した事があったが
<その証拠は無く万が一>を考慮してない答えを
してるのが結局日本の政治家だと思う。
まさか・・・・と言う事が起こるのがわかってない、
翌日には撤回しただけマシだがトップの判断力が
あの程度では日本の最高責任者安倍総理という凄まじい
ハンディキャップを抱えているので
悲惨な結末を迎える事も夢ではない。
喜び組年長組の櫻井よしこは中国の
集金平を批判していたが安倍も目糞鼻糞
その対応が批判されるとしていたが安倍を
批判しないとブーメランで矛盾する)
国内ニュースも中国の政権批判を
報道してるが日本国内でも批判され
支持率が低下してる事は伝えない。

 

加藤厚生労働大臣も予想通り無能で
安倍政権の閣僚や自民党役職は
<お友達><イエスマン>の
メリーゴランドであれだけ無能を発揮した
稲田朋美を再起用したり国家より自分優先内閣だから
国内感染が明白なのにきっぱと否定するほど
能天気というか実態が分かってないし、
全員検査もしない→する→しない→すると
何度もスタンスが変わった(政府内であり
加藤大臣が変わったわけではない)

感染症の専門家対策会議を立ち上げたのが
2/16日曜日・・・本当に必要なのは
憲法改正ではなく内閣退陣が先だな、
やるべきことは中堅に任せ省庁横断で
権限が無いことの決断調整と予算の確約で
<金に糸目はつけないので先に感染を断つ>
ことを目的とせずニュースでは安倍総理
やってますアピールで○○本部で
冒頭に何かを言う事を繰返す
(8分ほどで退席してるのに)
中国が工場など企業活動停止や
交通機関の運航停止と移動制限など
遅きに失した徹底した対処をしてる。
もちろん民主主義の日本だから強制は出来ない
しかし<GDP至上主義>で経済最優先で
ウイルス対策よりそっちを優先した対応で
結局感染が蔓延して経済活動が滞るなど
悪循環は夢ではない(何も今現在程度で
やれとは言わないが安倍総理が緊急会見をし
メディアジャックをして企業と国民に
呼びかけ強制力はないが協力をお願いする
なんてできるわけがない)
PCR検査も費用をケチった為に検査体制が
追いつかないらしい。
マトモな国が国防費を無尽蔵に注ぎ込まないのは
国家予算の配分は限られたパイを分けるため
他に回せなくなる事が分かりきってるから、
だから高額兵器のみに固執せず性能を落としても
我慢をするしソフト面での工夫が多い、
アメリカ中国ロシアは例外なのだが・・・
日本も衰退国家になるのだから拡大する意味がない。


後から後から書き足すので
何時も支離滅裂になるのだが
和歌山県の済世会病院での医師や
東京都内の会社員が
<熱があっても無理して出勤>をしていた
結局これが日本の末期症状だと思う
出勤した事によって逆に拡大をしてるので
結果論だが休んだほうが凄まじく効率はよく
他人には移すことはなかった(家族は別)

 

厚生労働省のQAを見たのだが書いてることは
僅かな上に<更にリンクで飛ばす>ので
そこを見る意味がない、リンク先まで見る人は
ケースバイケースなのだが50%くらいだったり
それ以下なのが普通らしい。

TVニュースも厚生労働省の専門ダイヤルを
2つだけ見せたがあとは<ネットで見てね>だ
<ネットを持たない人>には絶望的で
報道する価値がない、面倒でも全都道府県の
ダイヤル番号程度は紹介したりする親切心もない
厚生労働省のその番号がパンクするだけ。


感染ルートが不明なのも当り前だ
製造番号などコロナウイルスに刻印してない
こういったことが可能と思って対策をしてた、
本人に聞き取りが出来ない状態や聞き取りをしても
<人間の記憶は曖昧><ウソも付く>ので
正確なわけがない、仮に申告すると逮捕される
場所に立ち寄ったとして申告する訳がないし
恥ずかしい場所に寄っていてもするか疑問。

 


PS 多少古いがアメリカのネットニュースメディアが
中国の病院船ARK PEACEに乗艦取材を許可され
航行中のARK PEACEの艦内を報道していた
アメリカメディアだから中国を礼讃するわけないが
日本のネットメディアみたいに自衛隊の過剰礼讃や
中国を見下すような偏向報道ではなかった、
そしてやはり基本的には雑魚部屋で感染症に対しては
あまり役に立たなさそう、もちろん幾つかの個室や
気圧を調整できる感染症対策の部屋はあるはずだが
巨額のライフサイクルコストを負担しても
対応出来るのはせいぜい50人程度で/規模にも拠る
今のコロナウイルスが500人以上の患者だから
焼け石に水となる。
(この番組を探していたが何処にあるか忘れて
たまたま再発見した、タイトルにはチャイナとか
全く関係ないことがあった)
しかしアメリカも中国もよくこのメディアに
取材許可を出すなと言うくらいBBCやCNNみたいな
巨大メディアでもないのにそこに入り込める、
日本はバラエティで意味不明の自衛隊取材が多いのに
大して海外は現在行われてる事を淡々と報道する。


これと同じニュース番組で(停泊中だが)
ニューオリンズドック型揚陸艦に乗込み
女性海兵隊員を報道する番組があった、士官は
6人部屋の二段ベッドでシャワーとヘッドはセットの
ユニット式、別の料理番組でこのクラスに乗込む
海兵の料理人を紹介していたので調理のシステムが
分かる(NYCに寄港した揚陸艦から乗組員達が
タイムズスクエアなどに行くのだが制服を着てる
彼ら彼女等に市民たちが声を掛けたり一緒に
記念撮影をお願いするのは自衛隊では有得ないな)

因みにこのニュース番組を知らないのは
普段自分たちが言ってる<国際情勢>に
疎いと自白するようなもの、公平中立客観性より
レポーターの取材方法などの定評があり
急激に人気を増してる(特にアメリカで)
もちろん偏ってはないけど。