複数見たので何時も通り支離滅裂文章

 


☆医療搬送


圧倒的多数はアメリカ空軍の映像が多いが
陸軍や欧州の幾つかの国が訓練だけではなく
アフガニスタン(10年前)の実戦映像も
公開していた(前回書いたHH60の場合は
派遣先はアフガンではなく最近の頭痛のタネである
アフリカでのミッションと国内訓練)

陸軍の映像タイトルにCABと書いてあり
CAと言えばヲタどもはキャビンアテンダント
想像するだろうがCasualty Air ~~の略もあり
Bは何のことかと張り巡らした結果はあの
タクシーのCABで空飛ぶタクシー・・・・
だが実態はそう甘くない、その救難機の機長が
女性で無線連絡で既に戦死者が2名いると
分かっており、更にBODY BAGに入れる事まで
指示をしてたので着陸後の搬送してるシーンまで
分かるのだがその機長は目を向けずフライトに
集中したと言っていた(やはりショックになりかねない為、
メディックなら搬送飛行中に目の前で死亡するのも
目の当たりにしたりするだろうし、到着後にエヴォックと
呼ぶのかヘリから救急車に乗せ/へりは病院の隣に着地しない、
ERに搬送する地上員に同行しERで医師や看護師に状態や措置を
報告するのでその手のシーンは慣れてるがパイロットは
無線か機内通話だけ、しかも地上では敵の格好の目標に
なるので常に周囲の状況を見張る必要もある)

アフガンではNATO-OTANも派遣され
当然の如く戦死者負傷者も続出したのでその
搬送もするのだが、逆にそれらの国の救難機が
アメリカ軍の兵士を搬送してるとは知らなかった。
(1番近い機体/チームが派遣されるらしい、CASも
必ずしも米軍機とは限らずNATO加盟国の
空軍機も一時派遣されたので空爆を行った、ただし
米軍の要請でNATO機が行ったか、
NATOでも他国の空軍が別の陸軍の要請で
地上攻撃をしたかまでは不明/訓練はしてる、
NATO加盟国がアメリカ軍機に攻撃してもらい
見事に誤爆して問題にもなった/もちろん米軍以外、
米軍が米軍を呼んでも誤爆はある)


アフガンでの搬送後つまりROLE3の映像をメインに
公開してる国もあり、F**Kと負傷兵が唸ったりしてる
意外や意外でアメリカではない。

recommend あなたにおススメから辿っていったら
けっこうこの手の医療関係の映像があった(実戦下)
訓練は大抵の国は公開している。
(実戦を公開している国が訓練でも公開する傾向はある)

アフガンで一時的に容態を安定させバグラハムへ転院も
行われてた(長時間飛行に耐えられる状態になれば
そこから更にドイツ経由で本国へ輸送し、除隊後に
生活出来るような治療手術を繰返す、アフガンでは殆ど
救命措置がメインでリハビリは本国)