IDF,US NAVY

 

☆IDFチェックポイント

イスラエルパレスチナ
境界沿いチェックポイントを
そこに配置されてる女性兵士が
自分でビデオを持って撮影し説明してた。

強化コンクリートで囲まれた小さい監視所で
同じくコンクリート製の高い監視所から
”目視”でメインに監視していた。
(フェンスを張り巡らしてるところはカメラ)

そういった設備の中で注目すべきは
イスラエル軍の居住設備の簡素さで
新兵ではないのに2段ベッド(しかもその幅も狭い)
食事はその監視所で交代で自炊してるらしく
昼食がワンプレートにオムレツと赤ピーマンを
切って炒め、胡瓜を切った3種類だけ。

それより酷い軍隊は自衛隊しか知らない
<トイレットペーパーを隊員が自腹で買ってる>と
防衛大臣が大問題だと公言するレベル。

 


☆P-8 

P-8ポセイドンを米海軍が公開していて
(幾つもあるが)
その中で南シナ海でのパトロールのフライトを
公開していた、30分ほどあるのでタップリ説明し
民間商船の航行と船名船種なども監視登録し
目的地が南沙諸島の中国軍の基地らしく
多分周回しながら監視していた、
自衛隊ではそれすら公開しないだろうが
モニターまで見せるのでその解像度も分るし
上下2台のモニターが有りウィンドウは有る程度
オペレーターが自由にレイアウト変更出来るだろうが
上にデジタルマップで自機や周辺の船舶の位置や情報等を
表示し下に実際の中国軍基地を映し監視し
カラーやFRIRで車両の数を数えていた。


中国側は「ここは中国の領空だから出て行け」と
英語と中国語の無線が繰返されパイロットが
国際法に則り飛行してると返すの繰り返し
(別のでは通信士が答えていた、もちろんしっかりと
中国側の通信は録音記録してる)


ソナーブイを格納するラックを
ワインラックとシャレたネーミーングで呼んでいた

アメリカ軍のパイロット不足の問題は
もちろん入隊者希望者や適格者のトータルの
減少もあるが、せっかく訓練しパイロットになっても
30代くらいで相当数辞めて転職するほうが問題では?