控訴判決確定しても執行できなさそう


☆丁度死刑も書いたことだし


死刑反対派は日本人としては少数側だがそっちに属してる。
工藤会の判決を納得してるのは<今現在は廃止されてない>
むしろ懲役200年とかその手の積み上げで量刑の大きさを
表しても良い(どっちみち工藤会会長は高裁まで持っていって
確定しても執行より寿命が先に来るはず意味の無い判決で
実質終身刑無期懲役と同じ、もちろん一部囚人は執行される。
刑法改正がありネトウヨ罪など新設されない事をネトウヨ
祈ってないとネトウヨ罪の量刑は死刑以外に有得ない、死刑を
廃止しておかないとネトウヨが困る事になる)


ネトウヨ死刑廃止反対の根拠としてフランスの
死刑廃止後の犯罪発生率(件数)上昇を根拠にしてた。

都合の良い情報の切り取りをしてる事に気付いてないのか
単純な事に気付いてないのか<治安の悪化は経済状況と関連>し
景気が良くなると治安も良くなる(もっとも景気が良い時にも
犯罪は発生するが、雑魚が困って行う件数が増えるのが不景気)
逆も真なり。

そしてフランスに限らず一時期はイスラム教徒による
移民政策や社会的抑圧に反発するテロが頻発した、
それは<死刑>ならまだしも<射殺>という形で終わる場合が多く
死刑制度が廃止された事が由来ではない。
(元々死刑なんか怖くない射殺覚悟でテロを起していて、テロ犯が
抵抗すれば射殺というのは欧米では犯人にとっても前提)

死刑廃止後の凶悪事件数の増減がどこまで死刑廃止の影響下にあるかは
明確なデータはないのが実情
(取調べで死刑が怖いかどうかまで質問しないと思う)


PS
ロシア司法組織特殊部隊の報道ドキュメンタリーがあって
<麻薬密売人>程度で重武装の特殊部隊が2チームも
突入していくのを紹介していた、豪邸やアパートなどで
映画やドラマは裏口から逃亡するが<普通に全包囲>だから
普通は逃げられないし、夜中早朝の寝ぼけて素っ裸に近い
状況で逃げても捕まる事になるのが普通。
(昼間に行かないのも当り前)

特殊部隊に襲われて逃げられるのは特殊部隊員以外いない
車両移動中や歩行中だろうがその素早さ鮮やかさは
流石治安が悪い国で出動回数も多く場数をこなす
隊員達で相手から発砲され負傷したとか、前進するさいの
シールドも普通に何発も銃弾の跡がある。