レビュー リンドグレーン

 

☆1144

原題< UNGA ASTRID  >        
邦題「リンドグレーン」2018 SWE/DAN/NOR
NORDSIK FILM 

原題:若きアストリッド
(作家デビュー10年前)
アストリッド エリクソン
アストリッド・リンドグレーン


1.おてんば娘
2.新聞社の助手
3.輝く星
4.2人の関係
5.デンマークの里親
6.こんにちは
7.いつ終わるの?
8.ラッセ・ママ
9.でも私の息子よ
10.やるしかない
11.あの町のお話
12.自分らしく

作家リンドグレーンを描くのではなく
1人の女性アストリッドを描く事によって
当時の女性の地位や扱い宗教感なども描いてる。
SWEが近世から男女平等や人権・福祉上で
恵まれ優れた国家ではなかった事も)
この違いが分らず低評価されるのは邦題も悪い
NORDSIK FILM作品にハズレ作品なし、
むしろ北欧作品においてハズレ作品を探すのは
近年の邦画で名作を探すくらい有得ない。

 

ダーラ通り46番地
ブロムベルイ 新聞社の編集長
後妻ベルタ(性格的にキツイ人でこれが後々まで響く)
ラッセ息子
マリー/ デンマークの里親
ストゥーレ・リンドグレーン 30歳 21歳
上司のちの夫/1931年結婚(転職の3年後)
敢て説明しない欧米流の作風が出てる。

オープニングは(恐らく晩年の)<リンドグレーン>が
子供達から”大量の”誕生日カードを受取りそれを読み過去回想し
「凡そ16歳から20歳時代の一部のみ」”一部を切り取って”
知られざる彼女の若き日を描き
ラストシーンでまた現在進行形に戻る事で、彼女が
作家になるきっかけや子供の心が分る事も描いてる。
(子供にせがまれて話を作って聞かせたことが始りで
映画では息子ラッセだが実際は10年後に娘カーリンに
語った事だがその後を示唆してる)

作家と社会活動家存在は知っていたが作品は読んだ事はない。

ソドム=ソーダ
ゴモラ=おはよう
現在では考えられない<毎週末教会通い>
家族関係が良かった晩年まで、母親がむしろ厳しく
門限が早かったり<女らしく>という事を求める。父親も時代的には相応の
価値観を持ち決してリンドグレーン並の進歩的さは無かったが
無口ながらも家族に愛情を注いでいた
(しかし北欧の俳優女優は美男美女が多い・・・・)

新聞:タイプライラー
インク:紙
ニュース:光
未来:自由

弱小地方紙 死亡記事誕生日結婚式
鉄道の開通で取材 周囲は高齢男性ばかり
若い頃から文章力は輝いていた
スモーランド地方
勤務先の新聞社編集長兼オーナー
法律上は既婚者の子供を妊娠
しかも実娘の同級生になり年齢差からすれば
道義上は犯罪、しかしそこでの経験があったからこそ
その後の人生があったかもしれないから複雑。
レミントンのタイプライター

DIE NEUE FRAU =THE NEW GIRL

田舎で秘密と体型は隠せないのでストックホルム
秘書学校へ通い出産する予定だったが、デンマーク
里親に預けブルムベルイとの結婚が出来たら引き取る
計画だったが机上の計算は常に変更せざるを得ない。

ストックホルムのアパート(キッチントイレが共同で
これは現在も高級アパート以外は普通)

自由への道 エヴァアンデン弁護士
家族との葛藤。

1926/11/26 パスポートで回数と日付
(邦画だと余計なナレーションしかねない)
1928/07/17
ラーシュだけどラッセと呼びたい
結婚を母親に反対される

ブロムベルイが無神経だった
刑務所行きと脅しておいて罰金刑で済む


デンマークの施設でマリーを実親と思い我侭言う
エッセも仕方ない

王立自動車クラブの上司は私と同じく良い奴

スコール イタリア語でチンチン

マリーが回復の見込みがない病気で
ほぼ1人でラッセのを見ざるを得ず
(アパートの大家が勤務中に世話をする)
百日咳で高熱を出したラッセの看病で
勤務中に居眠りやミスの連発をした
アストリッドに帰宅するように命じた上司
(一瞬クビにしたと勘違いした、あの年齢で
個室で秘書がいるという事は当時としては稀少な
大卒か相当なコネ=家柄だという事になる、実際43歳で
自動車クラブ理事長になってるからエリート)
しかも診察代負担し往診までさせた

眠れないラッセにお伽噺をする
伝記に近いのに<伏線>や欧米的な言い回しや対比
<説明せずに説明>なども面白い
場所がWIMMERBY、
夫との出会い伏線/人物の登場、
オリヴィアベルタ、
ラストのホイップクリーム
対比/地元WIMMERBYでのダンスとストックホルムでのダンス
鉄道の車両内
カフェ:レストラン・・・

BGMのパイプオルガン

ネース農場
ストックホルムルームシェアした女性
グン・エリクソンとは後々まで交友が続く
ヴィンメルビー スモーランド地方
ヨンスティーヴェン(エッセ)1925-2007 
彼ともその後まで交流してる

彼女の戦時中のクリスマスの日記から食事メニュー
クリスマスハム
自家製レバーペースト
塩漬け牛肉
子牛の肝臓
鶏1匹
燻製ウナギ
トナカイ
シナモンクッキー
ケーキ
ハム タン 塩漬け牛肉
マッシュポテト ニシンサラダ
ニシンのグラタン ニシンの酢漬け
レバーペースト
餓死者が出た日本と比べたら天国にいる
中立国は比較的軽傷で済み戦争をしなかった
SWEに敬意を払ってる。